カスタマイズと改造 2

2020年05月06日

ブログカスタマイズ
0
Apple iPhone Android 脱獄

カスタマイズと改造の違いについて分かりやすい例として、スマホの使い方について説明します。

ケース等の装着以外で見た目を自分好みにするためにオリジナルの壁紙に変更したり、着信音を変更するカスタマイズをする人は多いと思います。

そのようなカスタマイズと違って、通常ではアクセスできないデバイスの内部ファイルを弄ることで、純正の機能にはない見た目の変更や機能の拡張を可能にするのが改造で、iPhoneでは「脱獄」Androidでは「root化」と呼ばれています。

上記の手法は、本来は不可能な機能の拡張を可能にすることで、見た目や利便性を自分好みに変更して楽しめるため、一度体験すると通常のカスタマイズだけでは物足りなく感じる人が多いようです。

私自身も、iPhone3Gから使用したiPhoneの全てを脱獄して、多くの機能を楽しんでいます。

下の画像は、現在使用しているiPhone Xのホーム画面です。

このホーム画面では脱獄の機能を利用して、下記の点を改造しています。
  • アイコンの並びを通常の4列から5列に
  • アイコンのアプリ名を非表示
  • 最下部にあるドックの背景を透過
  • 通知バッジの色を変更

このような見た目の変更だけでなく、アプリの機能を強化したり使い勝手を改善できるものもあり、その中には本家のAppleが後から同じ機能を追加することも少なくありません。

ただし、不具合や故障した時にAppleやキャリアの保証を受けられなくなるだけでなく、脱獄状態を維持するためには最新のOSにアップデート出来なくなるというデメリットもあります。

極端に言えば、脱獄したiPhoneは正規のiPhoneではなくなるのかもしれません。

つまりiPhoneの脱獄は全てが自己責任で、この点については脱獄の手法を紹介しているサイトでも警告されているので、ある程度の知識があって自分で対処できる人だけが脱獄しているのが実情のようです。

そして脱獄を楽しんでいる人の殆どはその点を理解した上で、あくまで自己満足のために改造していて、それを自慢気にひけらかしたり、ましてや他人に勧めたりする人を見たことはありません。

カスタマイズと改造 3

前回の記事では、カスタマイズと改造の違いを分かりやすく説明するために、iPhoneの脱獄について触れました。...

0 件のコメント

まだコメントはありません