ファンクスvsブッチャー、シーク 3

2019年12月28日

プロレス
8
アントニオ猪木 ジャイアント馬場 力道山

この試合が今でもプロレスファンの語り草になっている要因は、何と言ってもブッチャーのフォークによる攻撃でした。

それまでのプロレスの試合でも凶器攻撃は特に珍しいことではありませんでしたが、棒状の金属やイスを使うことがほとんどでした。

実際にどれが一番ダメージが大きいかよりも、先の尖った形状を持っているフォークで相手を刺すという行為は、それまで見たどの凶器よりもショッキングで、インパクトがありました。

ブッチャーがフォークでテリーを攻撃すると、タッグパートナーで兄貴のドリーが助けに入ろうとします。

行け行け、ドリー

するとレフェリーのジョー樋口が、ノータッチでリング内に入ったドリーを止めようとします。

当然ながらドリーは止めに入るレフェリーに抗議しながら、テリーを救出しようとして、押し問答が続きます。

そしてレフェリーがドリーに気を取られている間にブッチャーのフォーク攻撃は続けられ、テリーの右腕の傷は深まる一方でした。

なんでドリーばっかり止めるんだよ・・・

誰もがそう思うのは当然で、このやり取りを見た観客からはジョー樋口への罵声が飛び交い、会場はますます騒然となります。

その後の試合展開は前回の記事で書いた通りで、この試合によって日本でのテリーの人気は爆発的なものとなりました。

ところが現代では、インターネットの普及や関係者の暴露本等によってプロレスの真実と言うか、仕組みのようなものが公然と語られるようになりました。

つまりブッチャーのフォーク攻撃はテリーをヒーローにするための仕掛けであり、救出に入ろうとしたドリーをレフェリーのジョー樋口が止めたのは、フォーク攻撃を続けさせるための時間稼ぎのようなものだったわけです。

もっと言えば、ドリーが救出に入ろうとしたのは初めからレフェリーに止められるためで、同じくフォーク攻撃を続けさせるための行為なのです。

これは力道山の時代からタッグマッチで観客を興奮させるために行われていたものであり、それまでの2人がかりの攻撃などがフォーク攻撃に形を変えただけの古典的な手法でした。

しかし、この試合が行われていた当時プロレスファンの間では「馬場猪木が戦ったら、どっちが強いか」などと真剣に口論が行われていました。

私もその一人で、猪木の「格闘技世界一決定戦」や馬場さんが企画するNWAやAWAの世界タイトルマッチの結果を、いつも固唾を呑んで見守っていました。

同級生の中には「プロレスなんて、ただのショーだ」と言うアンチ派もいましたが、この試合を引き合いに出して「本当にショーだったら、あそこまでは出来ない」という変な理屈で反論したこともあります (笑)

プロレスの中身が関係者によって公然と語られるようになった今ではそこまでは思いませんが、もしプロレスがショーだと言うならシルク・ドゥ・ソレイユにも匹敵する最高レベルのパフォーマンスであり、当時のトップレスラー達は千両役者が揃っていたと強く思い、それは今後も変わることはありません。

8 件のコメント

まだコメントはありません

遠太

2019/12/28 (Sat) 08:40

60: ススムさん、おはようございます。

この試合、私もリアルタイムでテレビ観戦しました。

確かにショーだとか言われますね。当時のプロレス雑誌で見ましたが、バスで移動なんかはレスラーのみなさんは同乗しているんですね。子ども心にバスでは仲がいいだと思ってました(笑)

ススム

2019/12/28 (Sat) 14:05
ススム

61: To 遠太さん

こんにちは、コメントありがとうございます。

2団体時代の新日本と全日本は日本人用と外人用のバスを別にしていましたが、多団体時代に突入してからは自前のバスを持っている団体は少ないと思います。

力道山の時代から、シリーズが終わると外人勢を集めて打ち上げの宴会をやっていたそうですね。
プロレス景気も業界のタブーも、昔の常識は通用しない時代になっている感があります。

よつば

2019/12/28 (Sat) 20:37

62:

ススムさん こんばんは

プロレスってショーだったんですか!知らなかった~
いっぱい血が出てたりして野蛮なスポーツだと思ってました

ススムさんの吹き出し会話、心の声のポワンポワンとした感じ良いですね♡
私も今度チャレンジしてみようっと( *´艸`)

ススムさんと知り合ってからそんなに経ってないけど、コメントで交流楽しいです♡
また来年も楽しくコメント欄で会話していきたいです☆ よろしくお願いします♡

ススムさん 良いお年を~(^▽^)/

ススム

2019/12/28 (Sat) 22:57
ススム

63: To よつばさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

広義的にはショーですが、だから価値がないとは思いません。
世の中のいろんなジャンルにも存在する、人々を感動させるショーの一つだと思います。

あの吹き出しには苦労したので、そう言っていただくと報われます (笑)
私の方こそ、いつもよつばさんのブログを拝見して感心するばかりです。

来年からも、お互いにブログの更新と交流を続けられたら嬉しいです。
よつばさんも良いお年をお迎えください。

-

2020/01/08 (Wed) 17:04

90: 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ススム

2020/01/08 (Wed) 22:01
ススム

91: To 非公開Yさん

こんばんは、了解です。
ただし、お見せ出来る状態にするまで少し待ってください。
出来たら、そっと送ります。

-

2020/01/09 (Thu) 09:08

93: 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ススム

2020/01/09 (Thu) 10:47
ススム

95: To 非公開Yさん

おはようございます。
お好きようにアレンジして、楽しく使ってください。
何か分からない事があれば、お気軽にどうぞ。