ハッピー・クリスマス

2019年12月24日

名曲
4
ジョン・レノン
今日はクリスマスイブという事で、ジョン・レノンHAPPY XMAS (WAR IS OVER) - ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)です。

Happy Xmas (War Is Over) - John & Yoko

クリスマスソングと言えば多くの有名アーティストの曲が思い浮かぶ中で、この曲もその一つだと思います。

この曲が発表されたのはアメリカがベトナム戦争中で、思想家でもあるジョンは皮肉を込めて「戦争は終わった」と歌っています。

動画もメッセージ性の強い内容で、クリスマスを祝うよりも戦争を終わらせる方が大事だと、戦争の悲惨さを訴えかけています。

クリスマス自体も本来はキリストの生誕を祝うお祭りで、多くの日本人にとっては子供の頃からの習慣で「ケーキを食べてプレゼントを交換する日」という幸福なイメージしかないと思います。

ジョンは代表曲のイマジンでも「戦争も宗教もない世界で人々が平和に暮らしていると想像してごらん」と歌っています。

ベトナム戦争の終戦後には、ベルリンの壁崩壊やソビエト連邦の解体など、世界中が平和に向けて動き出していた時期もあったかのように見えました。

しかし現在はどうでしょう、アメリカの首脳の貿易や環境問題そして銃規制への取り組み方やイギリスのEU離脱、中国の台頭やロシアの暗躍など民族間の憎悪から、いつ戦争へと発展してもおかしくないニュースばかり目にします。

そして、いつも犠牲になるのは経済的に弱いアフリカや中東アジア諸国で、大国の手が届かない地域でテロリストが育成されているとも言われています。

そんな中で日本や韓国の首脳は、それらの問題解決に向けて積極的に動くよりも、自国の利益やプライドが大事だと言わんばかりの論争に終始しています。

「日本人に生まれてよかった」

「日本人であることに誇りを持てる」

我々の何世代も先まで、こんな思いを持てる国であり、世界であってほしいと願います。

そしてネットやブログでも、気の合う仲間や参考になる相手とお互いに礼を持って楽しく付き合うことが大事だと思いますが、自分の主張や勝ち負けばかりを気にして無意味な論争を仕掛けているような人には嫌悪感を禁じえません。

自らの間違いを認めて、必要があれば謝罪をする勇気や誠意があれば、見ている人にも自然と伝わり、恥をかくどころか好意的に受け入れられることを理解する必要があるでしょう。

ちょっと重い内容になってしまいましたが、決してここで政治を語るつもりも、特定の国や政治家を批判する意図もありません。

クリスマスを祝って楽しい夜を過ごすことも大事な年中行事のひとつですから、これを読んでくれているすべての方にとって素晴らしい一日でありますように。

4 件のコメント

まだコメントはありません

そふぃあ

2019/12/25 (Wed) 08:01

54: こんにちは

みんなが良く知るこの曲にのって流れる映像…
私にはかなり重くて、朝からショックでした。

我が家がお世話になっているお寺のご住職さまが
「自分が幸せに暮らしたいなら、世界平和を願いなさい。」とお話された言葉が思い出されます。
この言葉を聞いて以来、七夕の短冊にも「世界平和!」と大きく書いて旦那に笑われたりしますが、全ての人々が笑顔で暮らせることが何よりの幸せであり、それを見る自分も幸せになれるのだと思います。

ススムさんにとっても、素敵なクリスマスの一日でありますように。

よつば

2019/12/25 (Wed) 10:27

55: 平和を願います☆

ホントこの曲は平和を願う曲でしょが、映像はショッキングですね
今、世界の情勢をニュースで見てるといつ戦争が起きてもおかしくないような緊迫した状況ですよね
なぜ人類は無益な戦争を繰り返そうとするのか…地球上の人類全てが平穏に暮らせる世界であって欲しいです☆

ススム

2019/12/25 (Wed) 21:24
ススム

56: To そふぃあさん

こんばんは、コメントありがとうございます。
この曲でYouTubeを検索すると他にもいろいろな動画はありますが、あえてジョン・レノン公式チャンネルのこの動画を選びました。
ご指摘の通り刺激の強い内容ですが、常に死と隣り合わせのような境遇の国や地域の人々もいるんだと、あらためて思い知らされました。

今は日本でも憲法改正についての議論がまさに始まろうとしていますが、こうやって当たり前にブログを更新したり、そふぃあさんや他の方たちと交流できるのも、自分たちの暮らしが戦争とは無縁であるからだと感謝するべきかも知れません。

ススム

2019/12/25 (Wed) 21:39
ススム

57: To よつばさん

こんばんは、コメントありがとうございます。
今年は日本と韓国の関係が戦後最悪と言われるほど冷え込みましたが、両政府が先頭に立って国民が平和に交流できるように導いてほしいものです。
日本と韓国の関係が正常に戻らない限り、北朝鮮による拉致問題も解決の糸口が見えないと思います。

戦争で一番の犠牲になるのは、いつも罪のない一般市民です。
そして、どんな人にもかけがえのない家族がいるのですから2度と繰り返して欲しくないし、世界中の国がこれ以上の軍備拡張には早急に歯止めをかけるべきですね。